前へ
次へ

最近増えているストレス腸を解消して美を手に入れる

便秘と下痢を繰り返すなど、便の状態が不安定で、いつもはコロコロとした硬い便しか出ないのに、たまに冷や汗が出るほどの激しい腹痛とともに大量の便が出るというタイプの人も多くいます。常に何かに追われて、リラックスする時間がなかったり、ストレスを感じることが多いタイプによくみられる傾向です。近年、このストレス腸タイプの便秘が増えています。緊張状態が続くことによって、腸がけいれんを起こし、便の運搬が滞ってしまうのが原因です。眠りが浅くなったり、強いストレスで自律神経が乱れている状態なので、心身をリラックスさせることが肝心です。就寝前には、38度から40度くらいのぬるめのお湯にゆっくりとつかるようにします。寝つきがよくなって、熟睡しやすくなるので、自律神経のバランスも整ってきます。慢性便秘の人は、特に脳と腸をリラックスさせることからスタートし、ほかの要因がないかも探ることが大切です。仕事や家事の合間に大きく深呼吸する習慣をつけておくことも大事になります。几帳面な性格の人ほどストレス腸になりやすいので、注意が必要です。

Page Top